<mark id="jb3tp"></mark>

      <progress id="jb3tp"></progress>
        <track id="jb3tp"><track id="jb3tp"></track></track>

        <noframes id="jb3tp"><listing id="jb3tp"><em id="jb3tp"></em></listing><track id="jb3tp"></track>

          TOP  >  導入実績一覧  >  橋梁添架管路の補修に導入(DRP,DRC)

          Q&A

          導入実績

          ※画像をクリックすると拡大します。

          橋梁添架管路の補修に導入(DRP,DRC):写真
        1. 補修可とう管DRP
            • 橋梁添架管路の補修に導入(DRP,DRC):写真
            • ケーブル活線状態での管路移設(DRP DRC使用)
            • 橋梁添架管路の補修に導入(DRP,DRC):写真
            • ケーブル活線状態での管路移設(DRP DRC使用)

          橋梁添架管路の補修に導入(DRP,DRC)

            • 保守メンテ、工事?工法
            • 管路材?継手

          橋の耐震補強工事に伴い、添架管路の移設を行うことを目的に設置。

          【特長】
          ケーブル活線状態で管路を移設し、露出したケーブルをDRPで保護することで工事費削減、作業日数短縮を実現。

          補修可とう管「DRP」は、ラセン状に分解できるので、剥き出しのケーブルを取り除かずに既設管路を補修できます。
           
          本製品は可とう性があるので、3次元的にずれた管路でも補修できます。

          *補修可とう管DRP×カップリングDRCの詳しい商品説明はこちら*

          *カタログ?商品のお問合せはこちら*